勝手に品評会

勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

screenshotshare_20181103_200114
という訳で、謎のパーティーが結成され、旅立つ事になりました。

テレ東とは違い、予算のいっぱいある冒険活劇の始まりです。

まさか神部君とぶしむすまでついてくるとは!

神部君は分かる。せっかく出てきた瀬戸の康史様だから。

しかし、さすがにぶしむすは、残留サヨナラバイバイだと思ったのですが…。

この歳でまだ冒険するか。
完全に水戸黄門。
この人はまたも自分がリーダーに収まる気なのでしょう…。

別にそれでもいいんですが、「孫はまだなの」コールは止めてください。今度こそ強めに突っ込んでしまいます。


screenshotshare_20181103_194601

ざっくりあらすじ

  • ハンコ屋は同業者が表れ、稼ぎが減っていた。事業は頭打ち、武士の家計簿は寂しくなる。
  • そんな中、真一が帰還。皆の前で明るく振る舞う真一だったが、思い出の絵を前に、落涙するのだった。
  • 福子と萬平は、世良の紹介で泉大津に移住を決意。なぜか鈴と神部も付いてくるのだった。
今日は真一さんがついに帰還しました。

最初にすごく明るかったのは、正気を保つためなのか、情緒がおかしくなってしまったのか。

戦地に行ったキャナメだけが、察したような表情をしていて、印象的でした。

萬平さんも真一さんの靴を見て、心中を察したよう。

何だか、男性にしか分からない何かを、三人が共有したかのようでした。
screenshotshare_20181103_203104

何となく世良さんの、「立花君、君には分かってるハズや」というセリフなど、まんぷくには「男の世界」があるなあ、と思います。

しかし、これでついに全員生存確認できましたね。いやー良かった良かった!

あっ…野呂さ…。

screenshotshare_20181103_195101

来週のタイトルは「塩を作るんですか?!」。
即、ネタにして遊んでしまったんですが(笑)。

予告で海が開放的で、キレイでしたー!
まさか海が見られるような作品だと思わなかったので、びっくりしました。

来週はまた新事業が始まるようですね。
オラわくわくすっぞ!!

他のまんぷくの記事はこちらから


screenshotshare_20181102_192650

ハーモニカ吹いとるーッッ!


ピゅ~と吹く加地谷。まさかこんなに落ちぶれているとは…。

ついにゲスの極み独身中年男性。の加地谷が再登場しました。

しかし、出会い頭にヘラつくなど、「お前もしかしてまだ、反省が足りないんじゃないのかね」って感じだったんですが…。

screenshotshare_20181102_191427

萬平からのハンコを受け取った加地谷は、思わず落涙。
フルパワー、100%中の100%!!!の反省をするのでした。

そして加地谷にあんな事をされても許そうとする萬平さん。神なのかな。

でも恨みの感情をずっと持っているのは疲れる。

だから相手がどうこうという問題ではなく、それを手離したい気持ちは分かります。
ずっと囚われていたくないというか。

ただ、やられた事がやられた事なんで…。

私だったら加地谷に食らわせたい。謎の小袋110袋。

しかし、萬平さんが許したのだから、加地谷もここから根性見せて立ち直ってほしい。

加地谷以外、加地谷じゃないですからね。

そして全然関係ないですけど、また入浴シーンが!やはりサービスカットは積極的に入れていく方針なんでしょうか。

…そろそろ瀬戸康史も、洗った方がいいと思うけどなあ(笑)!!

ざっくりあらすじ

  • 餌をやった野良犬が居付くように、今井家に入り込む神部。そういう展開もあるのか…と新たなおっさんずラブの兆しを感じるのだった。
  • 一方闇市では、加地谷が陰気な歌をハーモニカで熱演。すっかりホームレス面になっていた。
  • 萬平は加地谷を許すどころかハンコと共にエールを送る。加地谷は本気で反省し、ゲスの目にも涙を浮かべるのだった。
screenshotshare_20181102_200043

まさかの高学歴が発覚した神部君。

超エリート盗賊だったとは…。
武士の娘に、棒で脅されている場合ではありません。

どうでもいいけど、誰か彼に新しいシャツを差し入れして下さい。えらい色になっています。

そして雪の日にお風呂を炊くときには、上着を誰か貸してあげて下さい。

寒さで震える瀬戸の康史様なんて、可哀想過ぎます!

screenshotshare_20181102_193531

キャナメの戦争体験からの…だったので、神部君も心を病んでしまったのかと思いきや、絵が怖すぎました。

キャナメ、萬平、加地谷。
まんぷくは今、皆が絶望から這い上がる時期なんですね。

さあ後は、野呂さん待ちですよ!

他のまんぷくの記事はこちらから





screenshotshare_20181101_204714

ついに武士の娘の本領発揮の瞬間が。
もう武士というより、武将か殿。

このセリフも、いつか言うつもりで練習していたんでしょうね。一人で…。

しかし、ぐっすり寝ていたのに敵の気配を察知し、こんなに動けるとは。

ゴルゴ13並みの戦闘能力。

武器(木の棒)も常に携帯しているとは。

スパイの英才教育でも受けていたんでしょうか。


screenshotshare_20181101_210505
という訳で、今回は瀬戸の王子様ならぬ、康史様が降臨されました。

しかし康史様…何て言うか…
いつもよりワイルド仕立てじゃありません?

髪もボサボサだし、ヒゲもボサボサだし、目だけが異様にキレイなんですけど。

しかし、誰もが「まずい」と言っていたすいとんを、旨い止まらないと言って、かっこむ神部君。

もうかわいすぎます。
こういう人なんでしょうね、先輩からよくごはんをおごってもらえる人って。

新入社員にしたい感じの青年、神部君。

最後には今井一家の万歳に混じって、戻ってきちゃったんですけど。

まさに捨てられた仔犬が戻って来ちゃった的なやつ。
 
これはもう、飼うしかありませんね!

screenshotshare_20181101_205738

きゃ、キャナメ…っ!!
ついに戻ってきました。

もう、このシーン泣いちゃいました。

キャナメが侵入してきたときは、「絶対また神部のシゲルだろ…」と思ったのですが、ここでまさかのキャナメ!!

びっくりしました。でも生きていて良かった。

一気に人口密度の増えた今井家。
明日はいよいよ?あいつの出番なんでしょうか…。

他のまんぷくの記事はこちらから

↑このページのトップヘ