勝手に品評会

勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

screenshotshare_20181101_204714

ついに武士の娘の本領発揮の瞬間が。
もう武士というより、武将か殿。

このセリフも、いつか言うつもりで練習していたんでしょうね。一人で…。

しかし、ぐっすり寝ていたのに敵の気配を察知し、こんなに動けるとは。

ゴルゴ13並みの戦闘能力。

武器(木の棒)も常に携帯しているとは。

スパイの英才教育でも受けていたんでしょうか。


screenshotshare_20181101_210505
という訳で、今回は瀬戸の王子様ならぬ、康史様が降臨されました。

しかし康史様…何て言うか…
いつもよりワイルド仕立てじゃありません?

髪もボサボサだし、ヒゲもボサボサだし、目だけが異様にキレイなんですけど。

しかし、誰もが「まずい」と言っていたすいとんを、旨い止まらないと言って、かっこむ神部君。

もうかわいすぎます。
こういう人なんでしょうね、先輩からよくごはんをおごってもらえる人って。

新入社員にしたい感じの青年、神部君。

最後には今井一家の万歳に混じって、戻ってきちゃったんですけど。

まさに捨てられた仔犬が戻って来ちゃった的なやつ。
 
これはもう、飼うしかありませんね!

screenshotshare_20181101_205738

きゃ、キャナメ…っ!!
ついに戻ってきました。

もう、このシーン泣いちゃいました。

キャナメが侵入してきたときは、「絶対また神部のシゲルだろ…」と思ったのですが、ここでまさかのキャナメ!!

びっくりしました。でも生きていて良かった。

一気に人口密度の増えた今井家。
明日はいよいよ?あいつの出番なんでしょうか…。

他のまんぷくの記事はこちらから

screenshotshare_20181031_204045
何を言ってるんでしょう、この人は…。

じゃあ逆に聞きますけど…いいんですか?

絶対ダメだろっつの…。

相変わらずの、セクハラに継ぐセクハラ。
アメリカだったら、えらい事になってるぞ…。

screenshotshare_20181031_182302

違う違う、そうじゃ、そうじゃなあ~い。

なぜここで拗ねるのでしょう。
やはりぶしむす、常人とは感覚が違います。

もしかしてお母さん、中村玉緒並みの、ハイパー天然女子なんでしょうか…。

screenshotshare_20181031_182613
四文字しりとりで一人だけ名詞をぶっ込んでくる、ぶしむす。

やはりこういったゲーム一つとっても、感覚が違います。

しかし、こういった大人の輪の中に入っても、相変わらず子供に見える岸井ゆきのさん。

完全にガラスの仮面を被ってますね。
本当にすごい。演技派です。


「ざっくり」あらすじ

  • はんこ屋を始めた福子一家。終戦後の需要は大きく、たちまち繁盛してしまう。
  • 店で偶然にも敏子と再会する福子。親友の近況を聞き、存命を喜ぶ。しかし、それとは関係なく疲弊する現場。福子は明るく皆を盛り上げようとする。
  • 「子供を作れ」発言で福子に返り討ちにあい、アトリエで寝るようになった鈴。そんなある夜、部屋に何者かが侵入して…。


はんこ屋を始めた福ちゃん一家。

ファミリー総出で働いた甲斐あって、お金も稼げるようになってきました。

私、この「稼げるようになってきたワクワク感」がたまらなく好きなんですよね。

おしんも、苛められているシーンより、髪結いや魚屋で、希望が見えてきた所がすごく好きです。

そして現状を、「皆のおかげだ」と言う萬平さん。

世良さんとは対極的に、皆の力で真っ当にお金を稼げるようになってきました。

昨日の放送では、世良とは違い、世渡り下手なのを萬平は自覚しているようでしたが、今回はその萬平のままで、成功し始めているようですね。

ほんと、自分のペースでお金を稼げれば、それが何よりなんです。
screenshotshare_20181031_191934
キラーワードを、しかも脱いで言ってくれる萬平さん。

なんか100万パワー+100万パワーで、200万パワーって感じですよね。

よし、これからはお風呂のシーンをお約束で入れていこう。
由美かおる的な要素追加で…ダメですかね。

screenshotshare_20181031_183308

疲れて爆睡する二人。
しかし、この時にも、黒い影が迫っているのです。

これが金田一少年の事件簿でなくて本当に良かったです。朝に放送できません。

明日のまんぷくも楽しみです。

他のまんぷくの記事はこちらから

コメントの返信をできず、すみません😣。
明日に返信させて頂ければと思います。本当に申し訳ありません。

screenshotshare_20181030_202401

ここで「大福だあ!」とならないのが、まんぷくクオリティ。

フォローにいけない萬平さん、思わず下を向く。

昔、白米と一緒に食べるための、焼き肉の映像が流行りましたけど…やっぱ無理か。

ざっくりあらすじ

  • 終戦後、相変わらず食うに困る日々を送る福子達。すいとんにうんざりした鈴は、ついに着物を売ることを決意する。
  • 闇市で偶然世良と再会する福子。世良は闇屋同然の商売を始めていた。世良は、萬平にハッパをかけて去っていく。
  • その晩、萬平は福子との会話の中で、何かを閃いた模様。顔に元気が戻ってきた。

screenshotshare_20181030_195434

克子の長女は、岸井ゆきのさんなんですね!?

昨日ブログコメントを頂くまで、全く気がつきませんでした。

完全に子役…!恐ろしい子!!

しかし、開始1分で早くも涙腺が…。

あんな小さな子が、働いていたんだよなあ、本当に…。
screenshotshare_20181030_203743
今日の世良さん。
ここのセリフ、みんな良かったです。ピリッとしました。

そしてやっぱり優しい人だなあと思いました。

一目見て萬平がくすぶっている事を見抜いて、でも手緩い事を言わず、ズバズバ本質をついていく。

それも萬平の才能を買っている…いや、惚れているからでしょう。

だからつまり…
おっさんずラブって事ですよね。

今週はゲスの谷の加地谷も復活するらしいので、やはりおっさんずラブは止まらない。むしろ加速していく気がします。


しかし世良さんはダークヒーローみたいでカッコいいです。

闇市で早くも商売を始めている世良さん。

早速革ジャンを来ているとは。

お金があるという事でもあるし、終戦直後のアメリカへのアレルギー感情が、全く無いということでもありますよね。

世良さんを見ていると、有吉弘行さんの「仕事をするのに、自分なんていらない」という言葉を思い出します。

自分の主義主張、こだわりは邪魔だと。
そういう物が無いから、どんな環境でも求められた事だけができる、という事だそうで。

何だか世良イズムに通じる気がします。

なんか世良さんって、なりふり構ってない所がいいですよね。

そういう人の方が、性別問わず、私にはカッコよく見えます。

そして、なにか閃いた萬平さん。

「自分を証明する物」とは、物理的なものと、精神的なものの、ダブルミーニングなんでしょうか。

多分萬平さんは、世良さんとは違い、まっとうな稼ぎ方をしていくんだろうな、と予想します。


screenshotshare_20181030_200438
放送終わっちゃったんですけど(笑)。

ええー!今日はおあずけ!?
そ、そんなあ~!プワプワプワ、プワワ~ン。(昭和感)
牧さんと恵さんの話、聞きたかったのにな。

他のまんぷくの記事はこちらから
screenshotshare_20181030_200700




↑このページのトップヘ