勝手に品評会

勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

screenshotshare_20180810_210757


結構大丈夫なことが多い。

今回はユーコの「人は何度でも生まれ変われる」といったセリフが本当にいいと思いました。
漫画家時代の回想を交えた、すずめとの会話シーンも女同士の友情が伝わってきて良かったです。

ずっとすずめがこういうキャラクターだったら見やすいですね。
地元の人々の前だと、もっと滅茶苦茶なセリフや態度になってしまうので、これくらいで抑えてほしいです。

しかしすずめは漫画家をもう諦めてしまったんですかね?それこそプロにこだわらなければ、同人業界で作品を発表したり、イラストだけでも描く機会はあるはずです。


そういう所からリスタートして、商業化を目指す手もあります。
本当にすっぱりやめてしまうと思わなかった。いつか帰ってくると思っていたので、そこは残念ですね。

また、律はイケメンらしくはっきり「NO」を言ってくれて、ほっとしました。
もう既婚者略奪みたいなシーンは、見たくないので…。
すずめが「家族の前で公開処刑せんでも」と言っていましたが、さすがにそれは、律の方がダメージ負ってるだろとツッコミました。

ざっくりあらすじ

  • すずめにはっきりと「NO」と伝える律。昨日の不倫略奪の流れをあっさり遮断。炎上の火種を無事に消した。
  • 一方ユーコは看護師の夢を再確認。「人は何度でも生まれ変われる」と名言を残す。ちなみに酔って暴走したボクテは爆睡、そのまま退場。
  • そしてすずめは、社長になることを突然決意。涼ちゃんに、子供がいるんだから現実を見ろと言ったことは、ノーカンになった模様。

次回予想

五平餅で一攫千金を狙うすずめ。いよいよ仙吉がアップを始める。

半分、青いの他の記事はこちらから


screenshotshare_20180809_224134
screenshotshare_20180809_220230

どういうことなの…。
この前まで「涼ちゃんが好きで仕方ない」って言ってたのはどうなったんだ…。
ていうかすずめは、まだ好きだったんですね、律のことを。まさかとは思っていましたが。
引きました。

もう最後の「どうせ言うなら、自分で言いたかった!!」ってセリフもね…。例えお前がどれだけ律を好きでも、それを律に言うことはないよ、永遠に。律は既婚者なんだから。
またこの一連の流れを子供の前でやるという。かんちゃんはもう、グレていいよ。

しかしこれ、離婚した律とすずめがくっつくのかと思いきや、身内が全力で不倫略奪をプッシュしていくんですかね…。
律の奥さんがただただかわいそう。
全員訴えられればいいと思います。

プロポーズに「無理」と言ってしまったんだから、今さら「そんなつもりじゃなかった!」と言っても無理だと思うんです。
そういうすれ違いも含めての結果だと思うんで。

いかにも嫁が律について来なかったから、律とすずめが急接近してるんだよ、という描き方に見えますが…。全員諦めろよ、いい加減。


ざっくりあらすじ

  • すずめの家に集結したボクテとゆうこ。すずめの身内にハラスメントな対応を受けても神対応をする。

  • 一方律の身内は何故だかすずめを持ち上げて、「結婚したらいいのになあ」という空気を出す。孫までできた家庭を全否定し、不倫略奪をバックアップしそうな勢い。しかし、絶対に今の嫁の方がいいと思う。

  • ベロベロに酔ったボクテは、家族の前で律のプロポーズ話を持ち出して、公開処刑。そして何故か素面のゆうこも、後ろからそれを援護。すずめは「ちょ、マテヨ!」と木村拓哉を入れながら止めに入るも、心の中では「もっとやれ」と思っていた。

次回予想

木村拓哉から抗議されろ。

他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180808_151447

screenshotshare_20180808_151458
分からんかすずめ。分からんか。

自分はあれだけ死ねだのなんだの言っておきながら、自分が言われるとめっちゃ睨むすずめ。
自分は気にするんだ…って思いました。
相変わらずの自己中心ぶりよ。

部屋の事も、自分が連絡しなかったせいなのに…。
そもそもケントはソウタの従業員なので、すずめがキツく当たるのは絶対ダメなんですが。

出戻ってきた実家でぬくぬくしようと思ったら、ケントに人気を取られてしまったすずめ。
仕方がないと思います。
ケントは明るいし、カツ丼も作れるし、イケメンで英語も話せるから。


あとあんまり関係ないですけど、すずめがツッコミをボソボソっと入れるのも、陰キャ丸出しで好きじゃないですね。
それをやっても可愛いのは、トリックの山田奈緒子だけです。

それにしても、そんなに仕事がないなら、すずめは一応プロだった訳だし、ボクテのアシスタントをすればいいのでは?と思いました。

ざっくりあらすじ

  • 離婚後働く気もなく、堂々と実家に寄生しようとしていたすずめ。絶妙に腹の立つ顔で饅頭を盗み食い。しかし、家族にバッチリ予防線を張られ、しぶしぶ働き口を探すことに。
  • 一方別れた旦那の涼ちゃんは、今川焼を食べながら娘を回想。完全に過去の人扱いして、サイコパスぶりを露呈していた。
  • 昨日の「律を支えたい」発言は、今日では全く触れられず、無かったことになった模様。


次回予想

突然日本語が堪能になるケント。すずめを正論で説教する。

他の半分、青いの記事はこちらから

↑このページのトップヘ