screenshotshare_20181024_203125

何だか武士の娘が、常に萬平を意識しているのがカワイイ。

もう母を越えて娘みたいに見えてきます。

「福子は萬平よりも私の事が好きよねっ!ねっ!」みたいな。

荷物持って!とか、私も心配してよ!って事なんでしょうか。

そしてなんとなく、ヤキモチだけでなく、夫婦がニコイチになっていく寂しさもあるような気がします。

時々鈴さん、寂しそうですからね。

そして一歩も引かぬ萬平さん。

この人「ここぞ」という時は、絶対遠慮しないですよね、やっぱり。そこにシビれる憧れる。

福ちゃん、モテモテです。

今日は「そして僕の妻だ(なあっ?)」にやられました。

なあっ、て。
もう早く貞子になりたい。

萬平さんの、サイレント「なあっ?」。無音の兵器と名付けました。


ざっくりあらすじ
  • 萬平の遠い親戚を頼り、兵庫県に疎開する福子一行。萬平に嫉妬心を抱く鈴は、事あるごとに娘を頼ろうとする。
  • やっとやってきた萬平の親戚の家は、電気も通らないような田舎。食べ物が豊富なことに喜び、母娘は料理を始める。萬平は電気を調達しようとしていた。
  • 福子と萬平のイチャイチャに、割って入ろうとする鈴だったが、萬平の「なあっ」に返り討ちにあう。


screenshotshare_20181024_200121

こいつ…。

早速調子に乗り始める武士の娘。
一緒に見ていた旦那が、「こいつ…」と思わず呟きました。

はとこの方!こいつ、足軽の娘ですぜ!

しかし疎開するというと、厄介になるということで、火垂るの墓みたいに邪険にされそうなイメージなのですが、こんなに親切にしてくれるものなんでしょうか。

家も貸してもらって、食べ物もあって、本当に良かったです。
screenshotshare_20181024_195305

メカニックでアクティブな萬平さん。

少年ぽさが魅力的ですね。

アクの強い母と一緒にいても、萬平さんは全然潰されません。むしろ振り回しています。

この人ならこの母と同居しても、大丈夫そうですね。
screenshotshare_20181024_201628

なんだか母は、表情が全開でカワイイですよね。

世良さんもそうですが、強引でワガママな人でもカワイイ。

全然嫌いにならないし、むしろ元気をもらえて、うーん、これは何でしょう。まんぷくには、どういう魔法がかかっているのか?
screenshotshare_20181024_203346

このツンからのデレの早さよ。
鈴さんって、外見は松坂慶子、中身はツインテールとかなんじゃないでしょうか。

しかし、この口癖の「武士の娘」。

きっと子供を一人で育てながら、辛い時は「私は武士の娘です」と言いながら、自分を鼓舞したんでしょうね。

口癖になるまで染み付いているのは、母の苦労の証しかも、とふと思ったのでした。

他のまんぷくの記事はこちらから