screenshotshare_20181203_193326

何がやりたいんだって…。

そんな真正面からツッコミを入れるのはやめてあげて下さい。
萬平さんの37年の人生よ。

この人が「たちばな塩業慰労会」を見たら、やっぱりこう言うんでしょうか。

さて、手榴弾で魚を採っていた事がバレ、男性陣は、容赦なく全員ドナドナされてしまいました。

転職したての真一さんまで…。
転職してすぐにコレとは、つくづく運がありません。
たまたま気まぐれでスーツを着たばっかりに、無駄に目をつけられてるし…。

ここで福ちゃんの英語スキルが光るのかと思いきや、福ちゃんの英語力は四年のブランクで錆び付いており、効果を発揮することはできず。

ヒーヒー言ってる間に、全員白黒の写真を取られて、雑居房行きとなってしまいました。

憲兵団の悪夢再び…。

萬平さんの奇妙な冒険、ストーンオーシャン編の始まりです。

一体どうなってしまうのでしょうか。



screenshotshare_20181203_192608

この軍曹容赦せん。

日本の憲兵団が物理的に痛めつけてくるのに対して、進駐軍は精神攻撃が得意なんですね。

進駐軍の言葉攻めを受け、はずかしめられる真一さん。

もうやめてください、真一さんのライフはゼロです。

「何でお前だけスーツなんだ?」って…皆そう思ってたけど!!

「証券会社からあの会社へ…?」って、止めてくれよ、そんな目で見るのは!

「お前の本当の役割は何だ?」って?朝ドラクラスタのおもち…アイドルでしょうよ!分かり切ったこと聞かないで下さいよ!

…ヤバいですね、真一さんの事となると、冷静でいられない私がいます。

冷静に、れいせーに!
白湯でも飲んで、落ち着きます。


screenshotshare_20181203_200502
ここで初登場!岡崎体育!

結構良かったですよね。体育くん。
キレ方がカッコ良かったです。ドンピシャのタイミングで、パン「はいカット」が聞こえるような。
結構腹から声が出ていて、シビれました。

手榴弾がどうのこうのなんて、小さなケンカで乱闘になる塩メンズ。

それを棒でガンガンやって鎮める体育くん。
やっぱりお塩は棒に弱いですね。


で、真面目な話なんですが、この時代のアジア人差別って、今よりずっと酷かったんじゃないでしょうか。
「正真正銘アメリカ人」とは言いつつも、チャーリーって見た目はおもっくそ日本人ですし、話し方も関西弁なんで…。

イエローモンキーとか言われてそうだなあ、チャーリー…。

産まれも国籍もアメリカなんでしょうけど、その辺りはどうなんでしょうか。
チャーリーの言う「正真正銘」には含みがある気がするのは、私だけでしょうか?
そういう部分は絡んでくるんでしょうか?

雑誌の音楽特集を読んでいるのがご愛敬。
チャーリーの今後の活躍から、目が離せません。

screenshotshare_20181203_194848
これ、今週のタイトルが「武士の娘の娘」だったので、この進駐軍の人に「アイアムア、サムラーイガール」とか何とか言って(英語下手すぎか)取り入るのかと思いきや…一瞬で期待が敗れました。

夢見させないでくれよ!チッキショー!

その武士の娘の娘は、うろたえまくる武士むすをあやしつつ、弁護士を探し続けています。

ここで六平が弁護士になっている展開、なんてないでしょうか?

大阪からは、敏腕カウンセラーの忠彦さんと、克子さんも向かっています。

発射したてで先の読めない月曜日。明日のまんぷくも楽しみです。

他のまんぷくの記事はこちらから

ちなみに「何て?」の元ネタはこちらです。動物さん達大集合だわいわい~。