さて、先週までの「麺にスープを練り込む作戦」を捨て、もう一度原点に帰る萬平さん。

商品の五原則を振り返り、麺にスープの味をつける方法を模索します。

福ちゃんの呼びかけにも、秒で無反応になる萬平さん。今日のペイも、通常通り運行しています。


その後、香田家を訪ねた福ちゃん。
ドアを開けるな否や、いきなり克子さんと忠彦さんの言い争う声が聞こえてきます。

「モデルの秀子が色目を使っている」と主張する克子さん。そして、うんざり顔の忠彦さん。
screenshotshare_20190204_201709

恐ろしく早いチラ見。オレでなきゃ見逃しちゃうね。

秀子とは何も無いと主張する忠彦さん。

じゃあ、あのチラ見はなんだったのか。

居間を確認すんな。居間を。

screenshotshare_20190204_202929

秀子…!!

下の名前、しかも呼び捨て…。

衝撃を受ける克子さんと福ちゃん。

うわあ、旦那が他の女を下の名前で呼び捨てなんて。ドン引きです。うどん県へ帰って下さい。


そんな中、噂の女、秀子が登場。

アトリエに我が物顔で入っていきます。

screenshotshare_20190204_201951

いいんですか?そんな調子こいたセリフを、私の前で吐いて。


もうミサワが捗どって捗どって仕方がありません。

私も秀子にインスピレーションを与えられているようです。
秀子のパッション、私も描きたい。

しかしこの人、人生何周目なんでしょうか。
謎にいい女感を出してくる秀子。

こんなどピンクのシャツを、よく着こなせますね。
他にあのシャツを着こなせるのは、ゴージャス松野くらいですよ。


そして「忠彦先生、大好き」と爆弾発言する秀子。
朝ドラでそんな事言い出すなよ…。

秀子の大好き発言に、絶句する福ちゃん。思わず手を口に。

これは完全に不倫する気なのでは…。


screenshotshare_20190204_202428

これデキてるだろ…。

完全にデキてる雰囲気出してますよね。
もう抱いてますね、これは…。

もうこの後秀子が許される展開って、「実は男の娘」くらいしか思い付かないんですけど…。

二人は、朝ドラの放送倫理を超えていってしまうのでしょうか…。
 

一方、白薔薇では鈴さんとタカちゃんがお茶していました。

二人とも秀子の件に関しては、スーパードライな反応。「どうでもええわ」とお茶を飲みます。

福ちゃんを心配するあまり、タカちゃんの主治医にラーメンの相談をする鈴さん。

産婦人科の先生が気の毒です。

screenshotshare_20190204_204124


一方萬平さんは、生麺をスープに10分浸して味を染ませるという、「もうそれ、麺がベロベロになるだろ」と分かりきった作戦を決行。
案の定まずくて失敗に終わります。

福ちゃんの男らしい鼓舞で立ち上がる萬平さん。明日は何とかなるのでしょうか。


他のまんぷくの記事はこちらから



↑ブログランキングに参加してます。↑

押して頂けるととっても嬉しいです(*´∀`*)。