昨日の外国人の様子を見て、カップ麺の改善案を考えた萬平さん。

内容を少し変更する事をチームに伝えます。

萬平さんは開発チームそれぞれに、進捗をヒアリング。絶対に諦めるなと鼓舞します。


神部君、いまだに「さすが萬平さんやあ」みたいな顔をちょいちょいしてるのが、何ともいえません。


スープ作りに行き詰まる西野さん、そして熱意のない久坂さん。

チームは決して、まとまってはいませんでした。


久坂さんは、今の業務が全くやりたくない事だと公言。

わざわざ皆の前で、モチベーションを下げる言い方をしなくてもいいと思いますが、久坂さんみたいな状況はよくある事だと思います。

ただ、今の目の前の仕事を、楽しめるように発想を変えられるといいんですが。

そんな久坂さんの姿を見て、何か思う所があったかのような表情の源。

もしかしたら、自分と重ねて内省する所があったのかもしれません。




一方萬平さんは、サンプルの麺を自宅に運び、揚げ時間の研究に入ろうとしていました。

再び台所を占領され、イーッ!となってしまう鈴さん。

screenshotshare_20190308_195638

そういう事じゃない。

鈴さんをとんちんかんな方向で励ます萬平さん。どこまでもプラス思考なのです。



そして恒例行事で、香田家で愚痴を発散する鈴さん。

しかし、皆が皆悩みを抱えていて、それどころではなさそうでした。

タカちゃんは、大ちゃんがテストで12点を取った事に失望。
自分も神部君も、大阪帝大出なのに…と不満そうです。

screenshotshare_20190308_191453

大ちゃんみたいな子には、「みかづき」の吾郎さんみたいな先生がいるといいですね。



そして鈴さんは、レオナルドからかかってきた幸ちゃんへの電話を、勝手に切ろうとして失敗していました。

いいんでしょうか。
「私は武士の娘」とか言ったら、「スゲーッ!」みたいになって、めちゃめちゃ盛り上げてくれそうなんですけど、レオは。


screenshotshare_20190308_183836

おまえ、だれや…!

受け入れるのに、10秒かかりました。


人間の体を手に入れて復活した名木君。

忠彦さんの指摘で傷つき逃走したものの、その言葉はちゃんと届いていたようです。

名木君は世間に流されるのをやめ、自分の描きたい物を見つけると忠彦さんに宣言。

思えば「エロスでカオス」とか言っていたのも、単にそういうテーマが流行っていたからなのか。


screenshotshare_20190308_194837

ザブングル加藤…。

名木君の号泣する顔に、ザブングル加藤がちらつきました。

号泣。そして、師匠の胸に飛び込みたくて、狙っている名木。

完全に忠彦さんに寄生しようとしてますね、ナギーのヤツは…。


ナギー、体は人間でも、心はまだ人外なんですね…。

それを受け止められるのは、忠彦師匠だけです。


一方白薔薇では、幸ちゃんがレオナルドとデート。

screenshotshare_20190308_191127

ついにお縄。

思わず失笑のレオナルドから、直球のツッコミが入ります。ついに見つかってしまいました…。

私、幸ちゃんは「親が反対しそうな人」と結婚すると思っていたんです。

福ちゃんがかつて自分が親に反対されながら結婚した過去を、追体験するという展開になると予想していました。

で、名木が彼氏になるのかと思いきや、まさかのレオナルド。
国際結婚なるんでしょうか。



そして最後に、壁から半分はみ出して、親を見守る源。

山ほど失敗作をこさえても、挑戦し続けるまんぷく夫婦。

その姿を見て、最初は冷めていた源が、少しずつ心を動かされているように思えます。

どうやら源の血が覚醒するまで、秒読みのようです。

髪を切って出直した名木、外国人と恋に落ちそうな幸、そして源。

若者達の心が、少しずつ変化していました。


他のまんぷくの記事はこちらから




勝手に品評会は、オレンジリボン運動に参加しております。
児童虐待の通報は、大人の義務です。
匿名でも通報できますので、「そうかな?」と思ったら連絡お願いします。
05pasteboard