さて、家でも仕事の話をするようになった源。
その様子に福ちゃんは安堵していました。


そして、白薔薇ではいつものメンバーがお喋りに花を咲かせていました。

screenshotshare_20190311_203250

マスターが一番社長に向いてるんじゃ…。

この人が、一番経営者向きに見えるのは、私だけでしょうか。



その帰り道、鮮魚店で見た発泡スチロールにビビビと来る福ちゃん。

容器に発泡スチロールはどうかと、急いで源に連絡します。

源は「発泡スチロールはもう考えた」と答えるものの、じっとサンプルの山を見つめていました。


一方、スープの開発チームは、ついに萬平さんに直訴する時を迎えていました。

screenshotshare_20190311_203830
screenshotshare_20190311_202754

こいつほんと何もやってねえな…。

部下に合わせて、キメ顔を作る事しかしてない神部君。

そういう事は、神部の口から言うのが筋なんじゃないのか…。

真剣に問い合わせたい。
神部君は、会社で何をやってるのか?


ついに若手から、はっきり「ノー」を突きつけられる萬平さん。

自分一人で全部やりたい欲を抑えて、若手に全てを委ねる覚悟を決めます。




一方香田家では、忠彦さんがナギーに描きたいものを描けとアドバイスしていました。

screenshotshare_20190311_200253

オメーに足りないものは、鮮烈な体験じゃなくて常識だよ…。


さすがにぶちギレる忠彦さん。
これはキレていいと思います。
言って良いことと悪い事がある。

叱られたナギーは、泣きながら妖怪ハウスへ逃げ帰ってしまいました。

私はこの一連の流れを、「名木ダッシュ」と名付けました。

screenshotshare_20190311_204932

大ちゃん…?


見た目は子供、頭脳は大人…。

大ちゃん、時計型の何かで忠彦さんの首筋を狙ってきそうです。


screenshotshare_20190311_210158

茶すすってるよ…。


枯れてんなあ、大介…。

チャックを開けたら、ジジイが入ってるんじゃないでしょうか。



そして、容器の素材が発泡スチロールに決まった源。

残業して仕事に取り組みます。

やらされてるのではなく、自分でやりたい!と思えるのがいいですね。

今、仕事にハマってるんですね、源は。


そして最後に、幸とレオナルドのラブなシーンを目撃してしまう鈴さん。


あまりの衝撃に、アワアワする鈴さん。

口から心臓が出そうになって、戻している人に見えました。
漫画的表現。

このシーン、副音声で見ると面白かったです(笑)。


絶好調の源と幸。
そして二度目の逃走となったナギー。

ナギーは人間界に戻って来られるのでしょうか…。

 
他のまんぷくの記事はこちらから




勝手に品評会は、オレンジリボン運動に参加しております。
児童虐待の通報は、大人の義務です。
匿名でも通報できますので、「そうかな?」と思ったら連絡お願いします。
05pasteboard