さて、視聴者の予想通り、警察から逃げ出したなつ。

警察に向かった柴田家とは、入れ違いになってしまいました。

screenshotshare_20190409_202355


オンジ、めっちゃメンチ切ってる。

時代劇だったら斬られてますね、この警官。

オンジも理不尽な国家権力に、嫌悪感を抱く人なのかな、と思いました。


一方なつは、帯広の町をダッシュ。
警察に保護されたら終わりと、一目散に駆け出します。

そして剛男は雪月で、なつと咲太郎に初めて会った時の事を、家族に語ります。

なつ達の父から手紙を預かった剛男は、浅草の孤児院を訪れました。
するとそこには、ボロボロで俯く兄妹の姿が。

なつ達の孤児院での暮らしは描かれませんでしたが、すっかり生気を失った兄妹の様子から、その生活の酷さや、妹との別れが辛いものだった事が伝わってきました。

その様子を見て、剛男は「放っておけない」と反射的に動いていました。

咲太郎は、自分は北海道に行くわけにはいかないと、なつだけを剛男に託します。

screenshotshare_20190409_202842

剛男、いいお返事。

「絶対行きたくない!」とばかりに、ぎゅうっと兄に抱きつくなつの姿が、もう…。


剛男の話をひとしきり聞いたオンジは、「なつの気持ちは、怒りを通り越したのだろう」と呟きます。

怒りを通り越して諦め、絶望してしまったのだと、なつの心境を察します。

何だかオンジは、やはりなつと同じような体験をしているように思います。

なつと同じ位、絶望的な環境を生き抜いて来たから、なつの気持ちが理解できるんでしょうか。


そしてなつは、川でクラスメイトの天陽に出会います。

天陽はなつの異変に気付きますが、なつは必死にごまかします。

screenshotshare_20190409_203322

マ、マシュー(古い)…。

ラストカットのなつの表情、すごかったです。
本当に天涯孤独の子、という感じがしました。

からのマシュー。
そんな寂しそうな顔するなよ…。

今週は目を背けたくなるような辛いシーンが多く、藤井さん無しでは乗りきれそうにありません。

サンキュー、マシュー。



さて、ずっとナレーションが、「なつは十勝に連れて来られた」なのが気になってたんです。

拾ってもらったのに、「連れて来られた」なのかと思って。

でも、子供達から見れば、大人の都合で「連れて来られた」だし、妹は「連れて行かれた」なんですよね。

すごく子供目線に寄り添っている作品なんだ、と思いました。


今も昔も、子供が大人の都合で割りを食っている時代のように思います。

そんな時代で、大人はどうあるべきなのか。
オンジや剛男の姿に、その答えを見るような気持ちで、ドラマを見ています。

明日はなつは、柴田家と合流できるのか。
明日に続けよ…!

他のなつぞらの記事はこちらから。

すみません、コメント返信は明日させて頂きます🙇。
宜しくお願い致します🙇! 

勝手に品評会は、オレンジリボン運動に参加しております。
児童虐待の通報は、児童福祉法に定められた、全ての国民の義務です。
匿名でも通報できますので、「そうかな?」と思ったら連絡お願いします。

05pasteboard