勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

2018年09月

いやあ、もうこれは、本当に…。

ドラマを見ていて、こんなに怒りが込み上げて来たことはありません。

この内容を被災した方が見たら、と思うと胸がキュッとなります。

震災の影響で、扇風機の部品が届かないとか、子どもが学校を嫌がるとか、全部本当にどうでもいいですよね。

だって、家も家族も命さえ失った人が沢山いるのに。

どうしてそういう下らないエピソードと、同列に語れるんですかね?

作家というものは、どんな事も作品に取り込む性があるのかもしれません。

が、震災を取り上げる意義も意味もないですよね、この作品に。

ナレーションに「何と言っていいか分からない」とありましたが、だったら安直に関わるべきではないですよね。

かんちゃんのセリフもあり得ないです。本当に引きました。


すみません、本当は何も考えず読める記事を上げていきたいのですが…今日の感想としましては、ガチの怒りの文章となってしまいました。

なんか、漫画で茶化すのも嫌になっちゃって、描きませんでした。

今日は、また別の記事を上げたいと思います。


連日「半分、青い」にツッコミを入れているのですが、半青が過去最高におかしな作品かと言うと、そうでもありません。
そう、過去にはもっとヤバいドラマもあったのです。

私の中での、ツッコミドラマにおけるトップオブトップ…それは、今年の1月からテレ朝系で放送されていたドラマ、「明日の君がもっと好き」です。

この作品以降、どんなにおかしな映画やドラマでも霞んで見えるというか…不動の一位過ぎるのです。

この作品は、無口な庭師の市原隼人と、男運の悪い伊藤歩が恋に落ちる…という、一見正統派のラブストーリーに見せかけて、実はトレンディの皮を被ったギャグドラマでした。

もう15分に一回くらいの割合で、とんでもない展開になるのですが、少し抜粋すると…。

  • 伊藤歩がタクシー運転手といきなり路上で戦い始める。(ムエタイVS合気道)
  • 背景の月がデカすぎる。(明日の君がもっと好き 月で検索すると出ます。)
  • イッチー(市原隼人)の衣装が、ある回だけいきなり宮沢賢治のコスプレみたいになる。
  • 伊藤歩が他の男といい雰囲気になっているのを、偶然見てしまうイッチー。とりあえず、水を飲む。
  • 釈由美子がいきなりSM女王になる。
  • 志田未来が旦那とカー○○にハマるが、その際、外から撮った車がガタガタ揺れている映像が笑える。

などなど、パッと思い付くだけでもこんな感じです。

そんな中、さらに笑えたエピソードをベスト3にしてみました。

第3位

screenshotshare_20180923_212654
第3位 乳首を口に。

やり取り自体は記憶があやふやなのですが、このセリフだけは強烈に覚えていました。

どういう発想をしていたら、こんなセリフが出るんでしょうか。

これを偶然見てしまったイッチー。とりあえず水を飲みます。

そして次週にまたぎます。

第2位


screenshotshare_20180923_211239
第2位 ハッシュタグ嫉妬

これは補足すると、いきなり場面転換し、黒地に白抜きで「#嫉妬」とバンと画面に出て、「ハッシュタグ…嫉妬」とイッチーのナレーションが入ったんです。

この嫉妬の字が、本当は超達筆です。

これ、このままCMいきますからね…。

第1位

最終回、伊藤歩に告白するため、エレベーターを追いかけて、階段を駆け上がるイッチー。

screenshotshare_20180924_102115


第1位 スケッチブックに告白を書いて、見せてくるイッチー。

斬新過ぎます。
もう私の腹筋は完全に崩壊しました。
しかも本当はこの文字も超達筆で、余計面白いという…。


半分、青い、早くこの高みまで登ってこいよ。

screenshotshare_20180922_201459

screenshotshare_20180922_210724

そんな空気感を出すのなら。


ざっくりあらすじ

  • 扇風機のプレゼン会議をするご一行。扇風機のPVを涼ちゃんに撮ってもらう事を、すずめが提案する。
  • 久方ぶりの涼ちゃん登場。服のセンスがすっかり斎藤工に。やはり二人は付き合っている。(確信)
  • 扇風機のプレゼン中に、大きな揺れが。震災が起きたのだった。


すずめと律はもう付き合ってるのかな。
もう付き合っていると言っても、過言ではない気がします。

今日は涼ちゃんが久しぶりに登場しました。
涼ちゃん、やっぱりイケメンですね。

私の中で間宮さんは、「ゼロ一攫千金ゲーム」という他局のドラマの人になってしまったので、半青でもその役柄に見えるのかな、と思っていたんですが、全然そんなことなかったです。

ブランクが空いても、涼ちゃんは涼ちゃんでした。間宮さん、演技が上手いですね!


そして震災ですが、あそこで地震が来るんですね。

震災に関しては、まだ傷の癒えていない方もたくさんいると思います。

今後はそうした方に、配慮した内容であって欲しいです。


今日放送のLIFEに佐藤健さん、永野芽郁さんが出演とのことで、録画してみました。明日見るのが楽しみです。


他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180921_204729
screenshotshare_20180921_212302

screenshotshare_20180921_212900
信用ゼロの男。

ざっくりあらすじ

  • パソコンと扇風機をまんまと盗んだ津曲だったが、息子からの電話で人間の心を取り戻す。
  • 息子にバレたくなかったら…という体で仲間入りする津曲。ちょっと嬉しそう。

というわけで、今日は津曲が大活躍でした。
津曲、魔が差すのが早すぎる。
改心から早すぎる。
そして秒でバレるという(笑)。

でも、息子とのシーンは良かったです。

息子は津曲に人間の心を取り戻させるのに、必要な人だったんですね。

今まで「あいつマスク取らないんですよ~」みたいな態度だったのに、「マスク、取らなくていいぞ」って。

ありのままでいいよ、って事なんですね。

ちょっとここ、泣きました。感動しちゃった。

何だか多分、それを言ってやれる親、言えない親がいると思うんです。

多分マスク取らなくていいぞ、を言う方が、親としては覚悟がいるのかな。

津曲は息子を肯定してやる深さがあったんだなあ。

それだけでいい父親ですよね。
ここで無理をさせる親も多分いますが、津曲はそうじゃなかったんだから…。

扇風機盗まなくても、いい父親だったんだな。

あと全然関係ないですが、どうしても小西真奈美さんを見ると、コニタンと呼びたくなります。

まだ、ココリコミラクルタイプの記憶が残っているのです。


他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180920_192828
screenshotshare_20180920_192848
screenshotshare_20180920_195023
分かります?この気持ち。


私は寿司は日本米で食べたい派ですが、大将の寿司をうまいと思っている人を、否定したいとは思いません。

色んな気持ちでこの店に通ってるんだ、客同士揉め事は、よそうじゃないか。

ただ、ツッコミは入れてくぜ、大将。
あたしはそういう客なんだ。

ちなみにタイ米はピラフにすると美味しいです。

あと、日本米と同じ水加減で炊くとベショベショになるので、ちょっと少なめで炊くと良い…と米不足の時に聞いた覚えがあります。

ざっくりあらすじ

  • キスをしてしまったものの、結局無かったことにした二人。お茶の間の平和は、ただただ犠牲になったのだった。
  • それから月日が経ち、扇風機をついに完成させる二人。
  • しかし、深夜のオフィスに人影が。息子の曲を聞きながら、何やら不穏な津曲の姿が…。

今日は問題のキスシーンから始まりました。

ていうか…えっ?付き合わないの?無かったことにしたの?

…じゃあ何でキスした!五分も!(笑)

今なら引き返せるとかなんとか、すずめが言ってましたけど、無かったことになる?コレ。

いやあ、もう後戻りはできんぞ。巻き方を忘れちまったからな。

後戻りする必要もなさそうに見えるんですが、何が二人をそうさせるのでしょうか?

放送日程かな…。

他の半分、青いの記事はこちらから。

半青、タイ米の例えでいいですよね?
奇抜なことをする、って意味で。

↑このページのトップヘ