勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

2019年01月

麺の作り方を、製麺所で教わる萬平さん。

ラーメン屋になるのか?という主人に、即席ラーメンの概要を説明。からのドン引き。

この流れ、もはやお約束となってきました。


一方パーラー白薔薇では、ゲスの極み中年女性達が、相変わらず立花家の陰口に花を咲かせていました。

screenshotshare_20190131_202249

町の至るところで目撃されている萬平さん。
追跡する系のザクなんでしょうか。

立花家はきっと借金もしてるだろう、なんて下品な話題で盛り上がる量産型ザク達に、ついにママさんが激オコ。

立花家は借金なんかしてないんだ、上手にやりくりしているんだと真実を言ってやりますが、おばちゃん達も全く引き下がりません。

screenshotshare_20190131_203138

ひ、ひどい…。

結構ひどい事言ってますよね。
こんなセリフが許されるのは、二時間サスペンスでこれから死体になる人だけですよ…。


見かねたマスターが、おばちゃん達に出ていけと命令。
バチバチのやり取りの末、出禁にします。

screenshotshare_20190131_200857

さすがマスター。
カッコいいだけでなく、きちんとオチをつけてきます。

そんな中、萬平さんはいよいよ麺にスープを練り込む段階に来ていました。
しかし、福ちゃんには一つの疑問が。

それは、麺にお湯を注いだら、スープは薄まってしまうのでは?という事でした。

screenshotshare_20190131_194922

すいません、私も全然気づかなかったんですけど…。

というか、概要が分かってないのに問題点が見えているとは。福ちゃん、侮りがたし。

そして、だからチキンラーメンはあんなに味が濃いんですね。


こうして萬平さんは、お湯を注いでも美味しいスープの濃さで悩むことに。

こうなってしまっては、萬平さん一人の戦い。
岡&森本ペアも手持ちぶさたです。

ちょっと停滞、ですね…。

いっそ、岡さんと森本さんで出汁を取る、というのはどうでしょうか。

何事もやってみないと分からないですからね。
さっ、早速お風呂の準備を…。

はいっ。


そんな中、香田家では、いやらしい感じが全開の絵画モデルが登場。
壇蜜に橋本マナミ…。何か、アサ芸のグラビア枠みたいになってきましたが、大丈夫でしょうか。

壇蜜の登場で、分かりやすくヤキモキする克子さん。

克子さんも最近気を抜いて、またミサワみたいな顔になってましたからね。
バチが当たらなければいいですが…。
screenshotshare_20190131_195313


麺に悩む萬平さん。突破口は見いだせるのでしょうか。

萬平さんが解決の糸口を見つけ、岡さんと森本さんがもっと活躍する事を祈って、明日に続きます!

他のまんぷくの記事はこちらから

萬平さんの出汁が出ている記事はこちらから↓


bdb41b71
この時はまだもんぺなんですね。
萬平さんのお風呂、恒例になるのかと思いきや、そうでもなかったですね。

↑ブログランキングに参加してます。↑

押して頂けるととっても嬉しいです(*´∀`*)。

すみません、今日はハイパーざっくりで失礼します。

screenshotshare_20190130_191037

即席ラーメンの概要を聞いても、バカにするどころか、好意的に捉えてくれる好美さん。

いい人を確信しました。

やはりザクとは違うのですね、ザクとは…。
(分からない人は、昨日の記事を見てみて下さい)


screenshotshare_20190130_192312

なら起こすなよ!!

深夜にいきなりチキラーの神が降りて来てしまった萬平さん。

突然寝ている妻を揺り起こし、鶏ガラを連発。
からの、就寝の許可。
感情がジェットコースター過ぎます。

福ちゃんがこんな状況でも怒らず、手伝おうとしているのがすごい。
私だったら、萬平さんを鍋に放り込みます。



そして、好美さんと香田家を訪ねる真一さん。

真一さんがこうして家族に挨拶に来たのは、家族にとって咲さんの死が、今でも心の傷だと分かっているからなのかな、と思いました。

自分が再婚する事で、家族はどう思うのか。

特に、咲さんの死で大きく傷ついた鈴さんはどうか。

昨日真一さんの言っていた「お義母さんが何て言うか」っていうのは、最初、いつも通りに鈴さんが、反対する事を危惧しているんだと思っていたんです。

それで、さすがに鈴さんは反対しないだろうと思っていたんですが、違うんですね。

真一さんは、自分の再婚で鈴さんの心の傷を刺激するんじゃないか、と心配していたんですね。

鈴さんだけじゃなく、咲さん側の親族皆のそうした気持ちを慮って、その上で「皆に祝福してもらいたい」という事なんですね。

こういう発想に至るのは、真一さんの中で今なお咲さんを思う気持ちがあるから、同じように傷を抱えているから。
鈴さん達の気持ちが、分かるからだと思いました。

再婚相手の好美さんが、真一さんの心の傷にも、咲さんの家族の心の傷にも、寄り添う姿勢でいてくれて良かった。

鈴さんが「心から祝福します」と言った時、涙が出ました。

鈴さんの枕元に立つ咲さんは、鈴さんそっくりなんですけど、反対にこのシーンの鈴さんの表情は、咲さんみたいでした。
咲さんそっくりの、優しい表情をしていました。

鈴さんの中で、 17年間変わらずにあった悲しみ。その一歩先に、鈴さんが踏み出したように感じられました。
二人がそうさせてくれたんですね。


何か、真一さんが再婚してしまうというと、真一さんだけ先に進んでしまうような、置いてきぼりにされるような気持ちになりますが、そうじゃない。

新しい家族を迎え、一緒に進む。
そういう選択を二人がしたように思えました。

そして、最後は萬平さんのスープも完成。
明日からは麺作りです!

他のまんぷくの記事はこちらから


懐かしの、咲さんと真一さんの結婚式のお話はこちらから。昔の記事を読むと、こんな事書いてたのか、って思います。→http://xxxalpacax.me/archives/12626727.html
IMG_20190126_062853_024
すみません、今日はコメントをお返しできそうにないので、明日また、返信させて頂きたいと思います。申し訳ありませんが、よろしくお願い致します🙇。



↑ブログランキングに参加してます。↑
押して頂けるととっても嬉しいです(*´∀`*)。


新展開でしたね。
ついに悪の組織が登場。

半グレ集団って。もう池袋ウエストゲートパークの世界ですよ。

screenshotshare_20190129_213805

岸のK。

リーダーk→岸って。まんまじゃないですか。
クソダサ…いやいや。


そして甲斐くん。
一番の問題児かと思いきや、超いい子じゃないですか。
仲間の悪い奴も、超いい子じゃないですか。

逆に聞きたい。何で今まで、そんな悪い感じを出していたのか。

というか、不良が攻めてきたり、半グレに拉致されそうになったり、この町の治安って一体…。


という訳で、学校に密かに絡んでいた半グレ集団を、電話一つでお縄にさせたブッキー。

これで一段落となるのでしょうか。

気になるのが女子ボスの唯月ちゃん。
キッシーと同じアクセサリーを。
二人はまさか交際しているのでは…。

K、センスはダサイわ、女子高生好きだわで、よく悪の組織のカリスマに収まってましたね。

全然関係ないんですけど、エンディングで唯月ちゃんが、写真にウサギの落書きをされてるんですけど。
screenshotshare_20190129_212923

摘発されたガールズバー、バニーイベントのポスター貼ってましたよね。

まさか、まさか…。

だとしたら、やはり今回のエンディングも病んでますね…。
screenshotshare_20190129_212802


一周回って武智が癒し。

ここまでで分かっていること
  • 里見に盗撮の話を持ちかけたのは甲斐。
  • 甲斐はベルムズの命令で盗撮した。
  • 相良文香は、教員時代に何らかの事件に関係。ベルムズの関与を疑っていた。
  • ベルムズのリーダー岸と、唯月は顔見知り。同じアクセサリーを持つ。
  • ブッキーは何らかの持病を抱えている。
  • 死亡したと思われていた生徒達の生存を、茅野の活躍で全員が知る事となった。


他の3年A組の記事はこちらから

今日の放送は、昨日の試飲のシーンから。(あっ、ダジャレっぽい。)

克子さんと忠彦さんは、美味しいと言いますが、タカちゃんはつわりでNG。

なんか、タカちゃんがつわりで何も食べられなくなって、「萬平おじちゃんのラーメンだけは食べられる」みたいな安直な展開を想像していましたが、全然当たりませんでした。

そして福ちゃんと鈴さんは、美味しくないとジャッジ。

「マズイ時はマズイって、正直に言ってくれ」と言っていたわりに、めっちゃ落ち込む萬平さん。

screenshotshare_20190129_194729

このスープ、4日も煮込んでるんで、仕方がないんでしょうか。


諦めず、鶏ガラ以外の部位にも手を出す萬平さん。

そんなふうに新たな食材を買えば、家計はまた逼迫します。

しかし福ちゃんは笑顔。
そんな福ちゃんを応援すべく、パーラー白薔薇では、福ちゃんの時給を上げる動きが出ていました。

一方、町の奥さん方は、影口をコソコソ。

screenshotshare_20190129_195932

やっぱり、「理事長だった人が~」とか言ってるんで、僻み根性なんでしょうか。

ちょっとした有名人のゴシップみたいになっちゃってますね。
そんな店の中でヒソヒソやらなくても。
マスターも静かにキレています。

そんな奥様方ですが、ちょっと人間で描いちゃうと可愛くなくなっちゃうんで、ザクで表現してみました。


そして数日後、二回目の試飲会が開催されました。
screenshotshare_20190129_192203
鶏ガラから胸肉に部位を変更した、渾身のスープ。

克子さんと忠彦さんは、美味しいと言いますが、鈴さんは二回目の無慈悲なノー判定。
中々厳しいです。

screenshotshare_20190129_191610
海原雄山よりは優しめ。


私も克子さんと同じで、鈴さんは萬平さんを諦めさせるために、わざとマズイと言い続けるのかな?と思っていたんですが、どうやら本当にマズイと思っているみたいです。

いっそ泉大津まで行って、清香軒さんにラーメンの作り方を教わったらどうでしょうか。
鈴さんは、あそこのラーメンが好きでしたから、手っ取り早い気がします。


二回目の不合格。
落ち込む萬平さんを、岡&森本ペアが励まします。

screenshotshare_20190129_193111

一切妥協しないなら、一回ラーメン屋で修行した方がいいような気がするのは、私だけなんでしょうか…。

しかし、やはり二人は、昨日のあれだけでは終わらなかったですね。もっと映してほしい。完全に塩不足です。


そんな中やってくる真一さん。
なんと、再婚についての相談でした。

ストレートにめでたいと言う萬平さんに対し、福ちゃんは複雑な表情を浮かべます。

一抹の寂しさもあり、姉の代わりに心痛む所もあり…。

その二日後、真一さんのセッティングで再婚相手に会う二人。

screenshotshare_20190129_193956

なんか、咲さんとえらい違う雰囲気の女性です。

でも、この人なら咲さんも許してくれる、っていうのは、分かる気がしました。

竹を割ったような人で、良さそう。
明るくて家庭も円満になりそうです。

逆に、咲さん風の儚げな美人だったらショック。
この人でほっとしている自分がいます。

子供達もなついていて、新しい生活が動き出している真一さん。
もう、福ちゃん達に止める権利はないので、遠慮なく幸せになってほしいです。

萬平さんのラーメン。そして真一さんの再婚。

明日のまんぷくも気になりますね!

他のまんぷくの記事はこちらから


↑ブログランキングに参加してます。↑
押して頂けるととっても嬉しいです(*´∀`*)。


screenshotshare_20190128_201903

岡さん!森本さん!
お久しぶりです!

森本さんの「じゃけえ」を8年ぶりに聞くことができて、感激です。
私、森本さん推しなので。

えっ、まさか出番はこれだけじゃないですよね。
この二人には、もっと登場してほしい。


一方、そんな岡&森本への嫉妬心を、なぜか義理の父にぶつけている神部くん。

それを黙って受け止める忠彦さん。優しすぎます。私が義理の母なら、神部にビンタしてます。

screenshotshare_20190128_201343

そこ、迷うなよ!

やはり神部くんは、萬平さんが結婚していたから諦めただけで、心の底ではまだ…。


一方、萬平さんは、退職金をつぎ込み、研究材料を次々と購入。

町の人々の好奇の視線がイタイです。

何か、萬平さんは良くても、何故だか私がツラい気持ちになってしまいます。

明らかに意地悪そうな奥さん方の、ヒソヒソ集まる姿も…。

全然関係ないんですけど、一番熱心に聞き込みをしていた奥さん。「このハゲ!」の人に似てると旦那が言ってました。確かに…?


材料を集めるついでに、福ちゃんをリアカーに乗せて引き回す萬平さん。
周りの目を気にしなさすぎです。

というかもう、そういうプレイに見えてきました。
やめてくれ。私までなぜか胃が痛くなってきました…。
screenshotshare_20190128_195937


そんな中、鈴さんは萬平さんのアジトを偵察。
するとそこには、萬平さんと鍋のツーショットが。

鶏ガラをボンボン投げ込んで、熱がっている萬平さんに、ドン引きの鈴さん。

これが本当の「鍋に放り込め」…。

帰宅した鈴さん。
切なさとやり切れなさと情けなさを、いつも感じている。萬平さんへと向かって。

screenshotshare_20190128_200810

鈴さんの「あなた達も見に行ったらいいわ」の言葉に、喜んで駆け出してしまう神部くん。
神部も鍋に放り込みましょう。

この男、マスオさん状態のわりには、ずいぶん自由度の高い振る舞いです。

妊娠中、産後のこういう振る舞いを、女は何十年も覚えていて、離婚の原因になったりするのに。

私、結構この神部くんの浮わついている感じが、リアル嫌です。

走って行ったので、すぐに立花家へ着く神部くん。
そんな神部くんの視線の先には、熱中する萬平さんの姿が…。

screenshotshare_20190128_203226

ただ者ではないオーラを感じる二人。
やはり福ちゃんが、我慢に我慢を重ねて支える価値があるくらい、萬平さんは非凡な才の持ち主なんですね。


そして後日、研究所にやってくる香田家の面々。

どうでもいいですけど、萬平さんが汚ない。
ラーメン屋にも見えません。

なんか、前も全部はだけてるし、髪もボサボサだし、竜巻から生還した人みたいになってるんですけど…。

そして居間で行われる、スープの試飲会。
バラエティーっぽい引きの演出で、次回に続くッッ!!

美味しいか美味しくないかは、また明日。
どんな味だか、楽しみです。

他のまんぷくの記事はこちらから



↑ブログランキングに参加してます。↑
押して頂けるととっても嬉しいです(*´∀`*)。



↑このページのトップヘ