勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

カテゴリ: 半分、青い

screenshotshare_20180919_204519


screenshotshare_20180919_201315
性の喜びおじさんになってた。

ざっくりあらすじ

  • 津曲の弱味を知ってしまったすずめは、それをネタに、扇風機を量産する工場を紹介してもらう。
  • その後五分間のラブシーン。

いやあ、いいのかな、これは(笑)。

確かに佐藤健はカッコいいし、ドキッとしましたよ、一連の所作はさあ。

でもよう、オラには家族がおる。

母方の田舎のじっちゃはよう、岩手のそりゃあのどかな村で、農家やってんだ。

で、朝ちょっと畑さ出て、帰ってきたらNHKさついてんだ。

民放なんか見ねえ。もう何十年もおはよう日本からの朝ドラで、まんまさ食べる習慣なんだ。

叔父さん夫婦もアラフィフだよお。

どーしてくれんのよ、朝の団欒の平和をよお。
そらもうすごい空気よ、これ。

昼の再放送まで惰性で流してる一家だよお。どーしてくれんのよ、これ。


…という訳で、うーんこれは、あんまり宜しくないなあと思ってしまいました。

これ夜ドラマならなあ。

一人で子どもが寝た後に、まったり観るならいいんですけどね。

そして、今日は休みで一緒に朝ドラを見ていた夫は、性の喜びおじさんになっていました。

その後東京ラブストーリーの再放送を見て、またしても「お前らも性の喜びを知りやがって!グギィィッ」となっていました。


他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180917_204209
screenshotshare_20180917_201954

やっぱ…ねえよ!!

ざっくりあらすじ

  • ドヤ顔ブラザーズはカメラ目線で扇風機の解説を開始。正直こちとら、メカの構造に全く興味はない。早く終わってほしい説明パート。
  • 光江はすずめに、涼次が子どもに会いたがっていることを伝える。何だかんだで、結局涼次には甘い叔母だった。
  • 一方律は、かんちゃんとの会話から扇風機のアイディアを閃く。ラーメン屋に子どもを放置して、走っていってしまう。でも大丈夫。かんちゃんは気にしていないから。


ちなみに向田邦子さんの話なんですが、これ直接自宅に電話がきたらしいですね。

番号が電話帳に載っているから…恐ろしい時代です。

最近「半分、青い」に関しては、なんだか、これは「ドラマだから」で済むのか済まないのか、だんだん分からなくなってきました(笑)。

あんまり他のドラマで、こんな気持ちにはならないんですけどね。

私はかんちゃん関係は…「ドラマだから」で済まない派です。やっぱり子どもを出したら、最低限の倫理観は必要な気がします。

ツッコむのかツッコまないのかの線引きは、人それぞれ。
どこから浮気なのか?の線引きに似ている気がしました。

あと全然関係ないんですけど、今日の渡鬼が楽しみです。

他の半分、青いの記事はこちらから

このマンガは月曜日に描いていたんですが、他のネタを描きたくなってしまい、ボツにしたものです。
勿体ないので、載せてみました。
screenshotshare_20180916_155036
screenshotshare_20180916_170118
screenshotshare_20180916_163850
ロボットの研究どこいったん?


ここまで、ロボットロボット言ってて、何で扇風機にいくんだよ!とズッコケた思い出が。

なんか大学の教授とか、ロボットで企業してる人とか出てきて、絶対ロボット作る流れだったでしょ(笑)。

またやられてしまいました。
簡単に裏切ってくれるよなあ。


一回の放送で、結構ツッコミどころが多いので、何を描くのか結構迷ってしまいます。


全然話は変わってしまうのですが、今GyaO!で
私の大好きな、TBSの湊かなえ原作のドラマが一挙配信になっています。


夜光観覧車(懐かしい)、Nのために、リバースの三作品です。
どれも好きなんですが、やっぱり、Nのためにがすごく好きです。窪田くん!


GyaO!は無料配信なので、気になった方はチェックしてみてください。

他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180915_204049
screenshotshare_20180915_195737
どんだけ預けんの?

ざっくりあらすじ

  • 会社に戻ったすずめは、ロッカーの中のボクテを発見。が、あまり驚かない。
  • ボクテは漫画のアイディアを、公式に下さいとすずめに頭を下げる。もちろんもう漫画家のまの字もないすずめは、許可を出す。
  • 何やら思い詰めている様子の裕子。すがる存在が、なぜすずめなのかは分からない。が、感動的なシーン。


漫画を描いていて思ったんですけど、かんちゃん可哀想な子!(笑)

金曜日のかんちゃんは、可愛いかったんだけどなー。

今日も今日とてお泊まりかあ…。
すずめもヤレヤレじゃないっつーの。

リアルに考えたら、こんなにソワソワした母親嫌だなあ…。
テスト解いている間、律の所に抜け出すってどういうこと?(笑)。
テストやってないのはサインでしょ、絶対。

いとこのおやつタカり事件から、順調に悪の階段を上っている気がします。


話は変わって、裕子役の清野さん。本当に演技が上手いなと思いました。

半分、青いのセリフって、結構単語で区切るというか。
「○○。○○だ。○○だ。」というのが多い印象です。

でも清野さんが言うと、きちんと女の人のセリフに聞こえて、違和感がなくて聞きやすく、素敵だなと思います。

裕子のセリフはどれもぐっ、と来るというか。みんな好きです。

透明感があってキレイだし、今後も応援していきたいです。


他の半分、青いの記事はこちらから

screenshotshare_20180914_200951
screenshotshare_20180914_205050

何でたたみかけてくんの?気持ちの悪さを。

ざっくりあらすじ

  • すずめの実家でテンションマックスのかんちゃん。日頃構ってもらっていないせいか、ものすごくはしゃぐ。まだカニにハマっているらしい。
  • ラーメン屋でノートパソコンを開くどころか、異臭まで放ち始めた律。どこまでも迷惑な客だが、出禁にしない津曲は超いい奴。なのに風吹ジュンさんは相手にしてくれないらしい。
  • 押し入れのモアイ像で大切な事を思い出すすずめ。伏線とは…。

いやあ…最近の律、ヤバくないですか?
もう止まることを知らない、好感度の急降下(笑)。不潔はダメだろ…。
津曲に臭がられる律。もうやめてください。

律のイケメン設定どこいったん?

でもあれですね、4日って、すずめがいない日数なのかな?

すずめが里帰りして晴さんについている間、俺はその分、超ギリギリの生活で研究頑張るよ…みたいな事?

うーん、愛が重い(笑)。

そしてついに、すずめは大納言の店長の一言を思い出し、ヒントを掴んだようですが…。


皆が忘れてる設定って、伏線にカウントされるのだろうか。
screenshotshare_20180909_204959

よーし、自分も捨てます。

他の半分、青いの記事はこちらから

↑このページのトップヘ