勝手に品評会

テレビドラマや映画の感想ブログです。ネタバレしてます。

カテゴリ: その他

おはようございます☺。
こちらは朝ドラ「まんぷく」の実況用の記事です。

コメント欄を使って、どんどん書き込んでいくスタイルとなっております。

何を書いてもオッケーですが、他の方に絡んだり、迷惑になるような発言は、控えて頂けると幸いです。

みんなでまんぷくを応援しましょう😍!!

今日はドラマの感想ではなく、昨日放送の「SONGsゲスト、レキシ」について、書いていきたいと思います。

…本当は今日は、普通に「けもなれ」の感想を書こうと思っていたのですが、「レキシ」となると見過ごす事はできません。

というのも、私のこの「落武者」の姿。

こうなったのには、「レキシ」の影響がありまして…。


screenshotshare_20181111_202246
screenshotshare_20181111_200951

こういう経緯で、私は落武者になったのです。


でも「やっぱり落武者って…主婦で落武者ってどういう事なの…。縁起も悪いし、やめた方がいいだろ」と、やはり一度は思い直したのですが…。


「でも、それって普通の考え方だよなあ。やっぱり、普通じゃないことをやっていった方がいいんじゃない?主婦の落武者って、一回聞いたら忘れられないだろうし…。」

と思い直し、今に至ります。

それもこれも、あの時「きらきら武士」を聞いていたおかげで、こうなったのです。

そして節目の今、ここに来てまた「きらきら武士」に戻って来るのかあ…と思うと、不思議な気持ちになります。

ほんと、きらきら武士に、レキシの池田さんに感謝です。



大好きなきらきら武士。気分が落ち込んだ時は、これで元気をつけます。PVもオシャレでかわいくて、大好きです。女性ボーカルは、椎名林檎さんだと、最初分かりませんでした。



screenshotshare_20181111_194512

さだまさしさんの言葉に、ウルっとくる池田さん。さださんの事を、神様のように思うくらい、憧れているそうです。



池田さんが、電気が走ったように衝撃を受けた、「道化師のソネット」。
「笑ってよ、君のために。笑ってよ、僕のために」という歌詞に、影響を受けたそう。


screenshotshare_20181111_194818

レキシの何を一番尊敬しているかと言うと、人を楽しませる事に全フリしている所なんです。

「何かを発信したい、伝えたい」という気持ちより、面白さが勝っている。

すごい才能の持ち主なのに、それで「良いこと言おう」みたいなのが全然ない。
サービス精神が全て。

でも、カッコいい事を言っている人より、カッコいいです。そういう人に憧れますし、尊敬してしまいます。


screenshotshare_20181111_202517

最後は皆できらきら武士!
もう六回巻き戻して見ました(笑)。テレビの前でもノリノリになれました。


screenshotshare_20181111_194224
「チリチリ侍」というレキシネームをつけられた大泉洋。大丈夫、大砲の玉って人もいるんで…。


最後によく聞く曲を置いていきます。
レキシの曲は、みんな好きなのですが、二つだけ…。
SONGsで演奏。とにかく楽しそうな二人がクセになるPV。

庄屋さまと農民のコラボレーション。
とにかく年貢を納めたくない。
外車に乗る二人、表参道をブイブイ言わす二人…。

まさかウエディングソングだとは、誰も思いますまい。


すみません、今日はドラマの感想記事ではなくて…。
明日からはまた、まんぷくの記事に戻りますので、宜しくお願い致します🙇。

私達のブラックスキャンダルがまたやってくれました…。

正直2、3話ではギャグの質が落ちて「ここまでか…」と落ち込んでいたんですが…。

4話の片桐仁で盛り返し、ついに5話。またしても、初回以来の神回を迎えました。


screenshotshare_20181104_195153
山口紗弥加とCM争奪戦を強いられ、またしてもタレントに枕営業をやらせようとする、平岩紙。

社長に枕営業をかけるタレントのソフィアでしたが…。

screenshotshare_20181104_193323

まさかの赤ちゃんプレイ!!


しかも提灯ブルマーのお尻には、ラブリーなクマの刺繍までしてあるという念入りさ。

ドーンみたいな効果音といい、カメラの寄り方といい、完全に福田雄一監督のギャグの間なんですが、これ本気でやってるんだもんなあ…。

ママー、ママー、と甘えてくる、変態社長。もうここで私の腹筋は崩壊寸前だったのですが…。

screenshotshare_20181104_191642

豹変する変態。
なんじゃそのセリフは…。
さりげなく上手いこと言おうとするのは止めてください。もう腹が痛い。ほんと止めてください。

抵抗するソフィア。思わず鈍器で殴ってしまいます。そして…。

screenshotshare_20181104_191422

社、社長ーッッ!!

えええ…。

まさかの金田一少年的展開。
赤ちゃんのコスプレで最期を迎えたのは、天罰でしょうか…。

こんな現場、さぞかし警察も困るでしょう。

来週はついに殺人隠蔽という、前代未聞の展開に。どうなってしまうんだ…。

すごいギャグドラマなんですが、平岩紙さんが高圧的に怒鳴ったりする姿は中々見られないので、そこは貴重な役だな、と楽しんでいます。

ヒステリックな平岩さんてレアですよね。
ほんわかキャラが多い。


そして全然関係ないんですけど、今週ジョジョ5部のアニメを見ていまして、ボスのシルエットが…

どう見ても初代ポケモンのサカキ様なんですが…ロケット団の。
screenshotshare_20181104_194803

同じマフィアですが、内容が全然違います。
でもパッショーネより、ロケット団の方が悪そう。遺伝子組み換えとかやってるし…。

普段アニメは見ないんですが、ジョジョは好きなので追っています。私はジョースター家ではジョルノが一番好きなので…。

ストーリーは4部、キャラクターは5部、フォトジェニックなのは6部という認識です。

今のところ絵も演出も、声優の人も、何もかもグレートで泣けます。来週も楽しみです。

他のドラマ感想はこちらから

screenshotshare_20181028_200243
screenshotshare_20181028_201805
screenshotshare_20181028_202027

ピンポンしろよおおおお!!

娘の彼氏が音もなく勝手に家に入ってきて、後ろに立っているシーンは、ちょっと笑っちゃったんですけど(笑)。

いや、勝手に入っていいよとは言われてるけど、せめて挨拶はしましょうよ!

ミポリン、「離婚の仕方」とか検索してるの見られちゃったじゃん…。

もうミポリンサイドは、おもしろ目線でしか見られないんですけど…。私がおかしいんでしょうか。

キュンあります?これ…。

screenshotshare_20181028_195703

娘さん。し、辛辣ゥ!
思わず私の中のとろサーモン村田が実況を始めました。

でも、蔵之助の気持ちも分かるし、ミポリンの気持ちも分かるし、娘の気持ちも分かる、という感じです。黒木瞳の気持ちも分かる。

特に、ミポリン。
私も「旦那の仕事が大変だから」と色々我慢する気持ちは分かるので、前回はさぞかしショックだったろうな…と。

娘の彼氏にいっちゃう気持ちは分かりませんが、そうした失望感は察せられます。

黄昏流星群は、映像も音楽もキレイだし、雰囲気が好きで、予想よりずっと面白く見ています。


そして大恋愛。

screenshotshare_20181028_200613
ムロさん半端ないって!彼氏感の出し方半端ないって!
他局でニセ金八やりながら、金曜日はめっちゃドキドキするもん。
そんなん出来ひんやん普通。
そんなん出来る?
言っといてや、出来るんやったら!

…という訳で(どういう訳だ)。


もう、ムロさんの彼氏感の出し方が上手すぎて、ドキドキが止まりません。

手の握り方とか、ちょっと身内感のある喋り方とか…もう、「今日から俺は!」を見ているんで、絶対ムロさんにときめかないと思ってたんですけど、図らずもキュンとしてしまいました。
screenshotshare_20181028_195718
ずるいー、ずるいわー。

なんか男性の、「好きな女にしかしない顔」ってあるじゃないですか。

そういう部分の再現率がすごい。
役者さんて、本当にすごいですね。

そして、ムロさんってモテるんだろうなあ、本当に…。

他にも尚がドアノブに鍵を挿しっぱなしにしているのに固まったり、松岡さんに本気でぶつかったり、心に残るシーンがいっぱいあって、「ムロさん半端ないって!」と思って見ています。

アルツハイマーについても考えさせられ、こちらも毎週楽しみです。

他のドラマ感想はこちらから

今日は今週見たドラマの色々を、ざっくりと語っていきたいと思います。

・獣になれない私たち

アンナチュラルな野木亜紀子先生の最新作。
まず申し上げたいのが、主人公の深海晶以外の登場人物の、全員の質が悪いということです。
まるでアウトレイジ。

まず会社の人々はというと。
  • 社長→関西弁で追い詰めてくるワンマン社長。深夜早朝関係なくラインが飛んでくる。「やる気あんのか」のブラックあるあるワードももちろん大好き。
  • 伊藤沙莉→チッスチッスの女子高生役でお馴染みの伊藤沙莉。まさかOLになってまで、チッスチッスしているとは。この舐めた態度が原因で、ガッキーは土下座する。
  • 後輩→無能な上にやる気もない。クズ感が満載。
  • アプリ開発部→ミスがひどい。
  • 取引先→土下座強要&誘ってくる。早くクビになればいいのに。

こいつらがもう、ガッキーをこき使いまくり、悪態つきまくりなんですわ。

辛くなったガッキーは、無意識に地下鉄の線路に飛び出しそうになり…。

しかし、このガッキーと会社の関係も、ブラック会社の本質をよく突いていると思いました。

経営者も同僚も後輩も全部ダメ。
優秀な人材はどんどん抜けて、人のいい奴に仕事が集中していく。

でも本当にヤバいのは私生活の方。
なにしろ彼氏の田中圭…。

別れた彼女と四年間同棲してますからね。

まーたその彼女が、中村アンみたいな分かりやすい女じゃなくて、黒木華(もっさいバージョン)という憎たらしさ。
もう絶対情もあるし、好きだろうが…。

頼みの松田龍平も、女にだらしがないと分かっていて…。


screenshotshare_20181014_204411

四面楚歌中の四面楚歌。


ラストシーンでは、龍平との行きずりの関係に走らず、攻撃的なファッションを身に纏い、会社に真っ当に筋を通す形で反撃に出た晶。

嫌な奴らにスカッと!とまではいきませんでしたが、前向きなラストだったとは思います。もっと反抗していこうぜ!ガッキー!

第2話もどんな展開になるのか楽しみです。

・大恋愛

対してこちらは、本能のままに行動する女、尚を中心としたラブストーリーです。
この行動力たるや、ガッキーに見習って頂きたい獣ぶり。

一話にして、
松岡昌宏と見合い→婚約→結婚式決まる→新居に引っ越し→ムロツヨシと出会う→ムロと付き合う→ムロと仲良し→松岡に別れを切り出す…。

なんて目まぐるしいのでしょう。
しかも同時に若年性アルツハイマーまで併発しているという…。忙しっ。

でも、尚の潔さは気持ちがいいですね。

また戸田恵梨香さんが可愛いんだ。
これは男はたまらんだろうなあ…。
screenshotshare_20181014_204612
婚約破棄をして、他の男に走ろうという友人を、止めるどころか「はやくやれ」と背中を押す黒谷智花。
「試す」と言っているのも衝撃。


そしてムロさん。
こんなコテコテのラブストーリーでも、いつもの芝居のペースなんですね。スプレーを後輩の顔に噴射する姿に吹きました。

早く今までの…勇者ヨシヒコとか、福田監督作品の姿を忘れたい。

タイトル画面の砂浜で遊ぶムロさんに、金髪の魔法使いがチラつくのが悲しい。
私だって、チラつきたくないんだよ、本当は…。

でも今日からまた始まるんだよな、福田作品。観なきゃ。

そういう訳で、まだキュンは訪れませんが、プライベートのムロさんが見られたようにも感じられ、嬉しかったです。

screenshotshare_20181014_205229
なぜ店の前にいるの?体をくの字にして…。
なぜ店に入ってこないのか。
しかしその疑問は、お洒落なやり取りの果てに、うやむやにされるのだった…。


他にも「急にポエミーになるサンドイッチマン冨澤」とか、「他人の吹き替え通りに動いてしまう店員」とか、要素満載で楽しかったです。

しかしこれ…

screenshotshare_20181014_210640


いや、ムロさんじゃなくて瀬戸康史が良かった訳では全然ないんですが。

もし、これが瀬戸康史だったら、破壊力が…。思わず妄想してしまいました。

・中学聖日記

これが男女逆だったらアウトですが、有村架純なら合法に見えてくる不思議よ。

しかし、音楽が素敵ですよね。音楽で大分盛れている気がします。

肝心のラブストーリーは、中学生が相手という事で、キュンが期待できないのが気になります…。

そして何気に吉田羊さんが気になります。この人が台風の目なのか。

それにしても、飲酒の件はよく不問になりましたよね。所持だけで大分怒られそうですが。

・ブラックスキャンダル

1話からギャグが減りましたね!もっと盛ってほしかったです。願わくばヤクでラリってほしかったですね(笑)。でも鶴太郎が気をまた溜めていたので、良しとします。

来週は悪役の珍しい、平岩紙さんにもバチが当たるのでしょうか。

それにしても、ゲスの極み乙女。のテーマ曲が好きすぎます。

・忘却のサチコ

近江牛食べたい。













↑このページのトップヘ